今回は始めて 武蔵おごせハイキングコース を歩いて見た。
 このコース自体、今まで知らなくてこの付近にあるこのコース用の案内標識さえ、目立ち過ぎて「他のコースを歩く時に邪魔だなぁ〜」ぐらいに思っていたのが正直なところであった。
 しかし今回このチャレンジコースを自分で歩いて見て、この案内標識のありがたみがよぉ〜く解った一日であった。

 この大会の兄貴分のような小川町の42kmコースに「いつか挑戦したい・・」と思った事があったが、それは全くの無謀な計画であった事が今回の歩きでわかった。
 
 何故か・・と言えば、自分にはこの27kmコースが体力的に挑戦可能の限界である事を、思い知った一日だったからである。

しかしその疲れた身体とは裏腹に、さわやかな風が吹き抜けて行くようなこの気持ちよさは、一体何なのだろうか。

9:03

龍穏寺

6:41

歩き始めの標識

6:39

公民館駐車場 CP1

 川越市駅発5:50の電車で坂戸で、越生線に乗り換え越生駅には6:22に到着した、350円であった。
 10分ほどで左写真の所についた、二人ずれのおばさんがいたので、ここが公民館の駐車場ですか?と聞くとそうだという。
 そのうちの一人は毎年このハイキング大会に参加していて、今年も参加するのだそうだ。


 まだしゃべりたそうだったが、これから先が長いのでおしゃべりはやめて、先を急ぐ事にした。
 そして 出発点は少し駅側の戻り方向にあった。

090921 武蔵おごせハイキング
チャレンジコースを歩く

 今年で11回目を迎えるというこのハイキング大会のコースを歩いて来ました。

 10月25日に開催されるその大会に参加する事をすでに決めてあって、申し込みも済んでいる。
コースが3つあって チャレンジコース27km、エンジョイコース17km、ファミリーコース7kmが用意されているが、私はチャレンジコースの27kmを歩いて見るつもりだ。
 コースマップはこちらからどうぞ。

 果たしてそんな長い距離を歩けるのだろうか?、不安は有るがそれは歩いて見ないと解らないので、今日本番の下見として行ってみる事にしたのです。

 

 無名戦士の墓手前を左折して行く、急な登りの西山高取を過ぎ30分ほどで大高取山の肩に着いた。
 ここが CP2 になっていてファミリーコースはここから左へ下山の道を行く。
 チャレンジとエンジョイは右折して先へ行くのだが、間もなく三角点のある大高取山山頂に着いた。
 ここからは越生梅林方向に向かい、休養村センターを目指す、途中分岐があるが武蔵おごせハイキングコースの案内標識によって導かれていく。
 

7:39

大高取山の肩
     CP2

休養村センター
への標識
   7:55
 

大高取山頂&三角点
7:42

ミズヒキ

 植林帯の薄暗い道で展望も何もない。
ただひたすら休養村センターを目指して行く。
 道端に咲くミズヒキに心をを和ませる・・と言うと格好いいが そのふりをして・・・が本当の所・・・?。
 昨日の天気予報では午後3時ごろまでは晴れの予想だったのに、どんよりとした空で晴れ間は見えそうに無い。
 しかし雨は降りそうに無いのが唯一の慰めだ・・と思って諦める。

 やがて明るい車道に出た、休養村センターだ。
 ここは広い車道を左折して行く。


 少し行くと麦原入り口のバス停があるのでそこを右折、道路にはあじさい街道と書いてある。
 道には時節柄彼岸花が美しい。
 途中で標識に従い龍穏寺への道を行く。

8:07

8:20

麦原入り口バス停 8:17

龍穏寺へ左折  8:26

 山里の風情を楽しみながら歩く。
民家の庭や畑の花が美しく咲いている。


 太田道灌父子の墓があるという龍穏寺の門前に出るが、ここは立ち寄らずに左折して龍ヶ谷橋を渡り山吹道路に出る。そしてすぐに右に折れて峠越えの林道に入った。
 

8:45

山里が美しい

 道端には彼岸花の赤が目立つ、すすきや私には何の花か解らないが白い花や野アザミも咲いている。
何箇所か分かれ道があるが ハイキングコースの案内標識が完備しているのでその通り歩けば良いので非常に楽だ。

 やがて県道に出て右折、CP3 の熊野神社前に着いた。
 エンジョイコースはここから少し戻って、虚空蔵尊へ出るコースとなる。

 黒山三滝の方へ歩いていく、子供の頃から何回か歩いている道なので懐かしい。
 家族ずれの人と多く会うがハイカーはあまりいないようだ。

 左に三滝を眺めがら行く、売店の手前の傘杉峠の標識で左に入る。
 薄暗い道を急登する、300mの標高差で今日一番のきつい登りだ。
 人っ子一人会わないが時折現れる武蔵おごせハイキングコースの標識に勇気ずけられながら登る。

 小さな鎖場も有ったりして、やがてヒョッコリと傘杉峠に飛び出した。

9:43

熊野神社 CP3

9:59

売店の手前を左折

10:42

小さな鎖場

10:49

傘杉峠

 ここからは車道を行きたくなるが、あえて山道を行くことにして山道へ上がって行く。
その上にベンチがあったので休憩をしてから顔振り峠を目指した。
 この辺は何回と無く歩いた道なので気が楽だ。
 やがて道は車道へ出て顔振り峠に着いた。
天気が良く無いので、展望はほとんど無い。
 天気の良い時のワイド写真があるのでこちらを見てください
 ここでいつも立ち寄る平九郎茶屋により込んでヒルメシにした。
 顔なじみのお婆さんがお茶とお新香を出してくれた、心に沁みるおいしさであった。
 いつもならビールを頼むのだが今日はマダマダ先が長いので、握り飯を二つ食って先へ行く事にして値段を聞くと100円だとの事、有難い・・お礼言って次の目的地諏訪神社を目指した。
 諏訪神社へは先ず車道を左写真の 入り口 まで歩きそこを左にはいって行く。
 この辺も何回と無く歩いているので勝手知ったる他人の家ならぬ他人の山道だ。

 歩き慣れた道を10分ほどでCP4の諏訪神社に着いた。神社の境内を抜けてしばらく行くと越上山への標識を左手に見送る。

 

11:24

顔振り峠からの眺め

11:09

顔振り峠への山道
役の行者への分岐点

あじさい街道

11:46

山道への入り口

諏訪神社 CP4

11:56

越上山入り口

12:22

林道との交差点を直進する

12:29

一本杉峠

 その歩きやすい道は、やがて笹郷林道と交差する。標識が倒れているので何故か・・?と思ったらその矢印を上向きにするためにわざと倒してあったようだ。
 標識どおり山道へ上がって行くと上がりきったところが一本杉峠で一本だけ太い杉がある。右へすり抜けるように通過して行くとハイキング道の分岐に出た。
 ここは標識に従って左下方向の道を行けばOK
、そしてまた10分ほどで車道に出た。
 歩いていくと前方からトレイルランニングらしき男性が地図を片手に近ずいてきた。
 見ると私と同じ地図を持っている、「鼻曲がり山の入り口が分からない」 と言う。
「私もこれからそこへ行くのだ」というと「今まで来た道にそんな場所は無かった」と言う。
 「おそらくランニングなので見逃したのでしょう」、という事でそのまま私と一緒に歩いて行くと・・・ありました。
 鼻曲がり山の入り口が・・・!!!車道の右側に!。
やはりランニングなので見逃してしまったのでしょう。よほど嬉しかった様子で、その若い男性は私に何度も何度もお礼を言って歩いて行きました。
 ここが最後の登りで標高差130mほどあるらしい。先ほどの男性はあっという間に視界から消えていった、さすがトレイルランナーだ。
 20分ほどかかって急な登りを登りきると、上部は岩の塊のようで回りこんだり、登ったりして山頂にたどり着いた。
 そしてその急な下りには安全対策として補助ロープが張られていた。

13:20

鼻曲がり山山頂

12:56

鼻曲がり山入り口

13:37

急な下りにはロープが

13:17

岩稜

14:03

林道との交差点

14:21

桂木観音

14:53

虚空蔵尊

15:24

中央公民館 ゴール

 この辺まで来ると疲労もピークに近いはずなので、怪我をしないように慎重に下る。
 しかしストックを格納するほどか?・・・といえば、それほどの傾斜でも無いのでそのまま行く。
 一旦下りきって車道に出るがすぐにまた山道になる。
 もうここまで来ると傾斜もゆるく、あとわずかで桂木観音に出た。
 正直言ってホッとする。


 あとはただ道なりに歩いて行けばゴールできる。
 チャレンジコースに王手がかかったようなものだ。
 桂木観音で時計を見ながらの休憩をする。
地図だとここから55分なので15:30には楽勝でゴールだと思った。
 そして汗が止まるのを待って虚空蔵尊を目指して行った。
 虚空蔵尊では親子ずれの5歳ぐらいの男の子が「こんにちはぁ〜」と挨拶してくれた。
 うちの孫とちょうど同じぐらいだ。
女の子も可愛いが男の子もまた違った可愛さがある・・・とか思いながら挨拶を交わして通過して行った。

 

 そうして 蛍の舞う里上野 など越生の山里の風情を味わいながら、越生の町に戻り今日の基点でありゴールでもある中央公民館の駐車場を目指した。

 半端でなくつかれた足を引きずるようにして越生駅の案内標識まできたが無情にも武蔵おごせハイキングの標識は駅の方角で無く、中央公民館を向いている。(あたりまえだ・・・)

 無視して直接駅に行きたくなった、がここまで来てそれは無いと思いなおして公民館まで歩いた。

今日のまとめ

川越市駅5:50−越生駅6:22

中央公民館CP1 6:39〜6:41−大高取山CP2 7:14−休養村センター8:07−龍穏寺9:03−黒山熊野神社CP3 9:43−傘杉峠10:49−顔振峠11:24−諏訪神社CP4 11:55−一本杉峠12:29−鼻曲がり山13:19−桂木観音14:21−虚空蔵尊14:53−中央公民館CPゴール15:24


越生駅16:00−川越市駅16:34

総行動時間(休憩・食事全て含む)8時間43分でした。

HOME

12:39

ハイキング道の分岐

inserted by FC2 system