尾根に出て少し歩くと、送電線の鉄塔に出ました。

 ここは360度の展望があったので、ここで休憩がてら写真タイムにしました.。
 パノラマ写真を撮影したので見てください。有馬尾根をはさんで西側東側を撮影しました。
 ここからの道は広くて明るい尾根道でした。

AM11:25

ルート
断面図

HOME   

今日のまとめ
川越発6:10-有馬峠P着7:45

P発8:00-第三登山口8:20-日向沢の峰中央峰8:55-南峰9:06−北峰930−蕎麦粒山9:50〜10:15ー中央峰10:42−鉄塔11:02-有馬峠P11:25

P発11:30ー川越着13:30
総行動時間は3:25でした。

       反省
 こんなに早く帰れるんだったら、有馬山も登っとけばよかった。

 休憩後往路を戻って、中央峰から有馬尾根を下りました。有馬尾根への降り口は気をつけないと、見逃してしまいそうです。
 下りついた有馬峠には更に何台か車が増えていましたが、観光の車なのでしょうか?。
 ついに今日は最初から最後まで、登山者と行き交うことは、一回も有りませんでした。 そして有馬峠からは、有馬山がくっきりとその姿を見せていました。  

 何回かなだらかな斜面を登ったり、下ったりを繰り返して、最後の蕎麦粒山への登りになりました。 汗をかきながら登るとようやく山頂です。大きな岩がゴロゴロしていて、山頂標識のソバにはなんと蕎麦ツブの形をした岩が・・・。 出来すぎ・・・?。
 食事休憩後気がついたら岩の下にスミレ草がひっそりと・・本当にひっそりと・・・。
 振り帰ると樹間の向こうに日向沢の峰とその向こうに川苔山が・・・。
AM9:50
AM10:14

 ここで少し休憩した後、すぐに南峰に向かいました。
 南峰から今日これから向かう蕎麦粒山が樹間越しに見えました。

 それから中央峰に戻り、北峰から蕎麦粒山を目指しました。
 ここからの西へ向かう都県境の尾根道は明るく、なだらかな起伏を繰り返し、まるで別天地のようでした。

AM9:43
AM9:31
AM8:36

 道端にはつつじも咲いています。

やがて道は熊笹の道になり、そのうちにひょっこりとピークに飛び出しました。

 日向沢の峰、中央峰です。

 ゆっくりと身支度を整えてから歩き始めましたが、20分ほど歩いたでしょうか右側に白い標識のようなものが見えたので、ここが登山口だな・・と思って注意していくと、その上にちゃんとした標識がありました。左が日向沢の峰右が有馬山・・と申しわけ無さそ〜ナ字で書いてありました。
 しかしこの時は第二登山口を確認してなかったので、果たしてここが第三なのか、正直言って少し不安がありましたが、標識もあることだし・・・という結論でこの道を行くことにしました。

 有馬峠には下の写真のような第一登山口がありますが、ガイドブックによるとやぶがひどいとのことなので、林道を歩いて第三登山口まで行きました。
 第二登山口もあるのですが、ほとんど誰も歩いてないような道なので、その存在にきずかずに、第三登山口まで行ったという訳です。
 それから第一登山口は有馬峠をほんの少し秩父側に歩いて行こうとするあたり、左側に有りました。

AM8:53
AM8:35
AM8:22
AM7:46
 途中でいくつか登りきったかな・・と思うようなところがありましたが、そこはまだ目的地ではなく、有馬峠にはきちんとした標識や案内板があるので、すぐに解ります。何台かの駐車スペースがあって既に2台とまっていましたが、余裕で駐車することができました。

 ここから先は秩父側へ下っていますが、それとは別に左に林道があって、車は通行止めになっていましたが、その道を歩いて行きました。
 有馬峠はここ  有馬峠に有った案内板ですが駐車場と山の位置関係がよく解ります。

 この山は奥多摩側から登ろうとするとアプローチが大変で、登り残してきた山の一つなんですが、今回は広河原逆川林道を利用すれば、簡単に登ることが出来るのを知り、それならば・・・ということで、行ってみることにしました。

 川越を6:10分に出発して、途中コンビニで昼飯を調達して、一路飯能へ・・。飯能から県道を名栗湖へ、名栗湖の左岸を走り、観光釣り場のところを右折すると、林道広河原逆川線で、後はただひたすら、悪路を注意して走るのみでした。
 

080515 蕎麦粒山
AM8:38
inserted by FC2 system