10-9:36

槍ヶ岳への分岐

7月の8日(火)
 川越発19時Hさんと待ち合わせ、車でKさん宅に向いKさんのH/B車に乗り換えて3人同乗で今日の目的地長野県の中房温泉に向った。 

 ここには燕岳の登山口があってその近くの登山者用駐車場に到着したのは深夜の0時を少し回る頃であった。

 外に出て空をみると正に満天の星空で、これからの今日の素晴らしい歩きと展望を約束してくれているように思えて、期待に胸膨らませながら車中泊の眠りに着いた。

 計画は中房温泉ー燕山荘ー燕岳往復ー燕山荘(泊)ー大天井岳ー常念小屋ー常念岳往復ー常念小屋(泊)ー一の沢登山口ー(タクシー)ー中房温泉
 の計画であった。

<ルート図&断面図へ>
<デジブックへ>

燕岳から見た槍ヶ岳
クリックで拡大

9-11:55

燕岳から槍ヶ岳を展望
クリックで拡大

9-11:55

出発!!!

目が覚めると真っ青な空

9-4:30

9-5:15

 車中泊で4:30頃目が覚めて空を眺めると真っ青な空・・・静かで快晴の一日が約束されたようだ。
 出発して少し登り方向に歩くと橋があり、日帰り入浴施設が見えてその手前を左折して登山口があった。
最初からかなり急な登りで樹林帯の中を高度を稼いで行く。
第1〜第3とベンチが置かれ小休止を取りながら登っていく。
 やがて富士見ベンチを過ぎて荷揚げ用ケーブルのある合戦小屋に着いた。
 ここは名物の西瓜(一切れ800円)をおいしそお〜に食べている人を、横目で見ながら自分も食べた気分に無理やりさせた。
 ゆっくりと休憩した後頑張って歩いて行くとイワカガミやゴゼンタチバナなどの花が頻繁に見られるようになり、木々の合間から槍の穂先も見られた、感激の瞬間だ。

合戦小屋

9-8:36

槍が見えた!感動
クリックで拡大

9-9:04

燕山荘〜燕岳だ〜っ
クリックで拡大

9-9:04

大天井への稜線と槍
クリックで拡大

9-9:37

燕山荘に着いた

9-9:47

燕山荘からの大展望
クリックで拡大

9-9:51

 やがて燕山荘も見えるようになり頑張って頑張って頑張って登ると、ようやく燕山荘に着いた。
登り始めから約4時間半・・・感激の大展望をどうぞ。生サイズで見れます!。(右端が燕岳

 燕山荘には10:00前には到着できたのでとりあえず宿泊の手続きをして燕岳へ・・・燕岳山頂到着は11時10分頃でした。↓

9-11:10

燕岳からの槍ヶ岳です、だいぶ雲が出てきました。↓

クリックで拡大

 山頂付近にはミヤマキンバイがそれはそれは美しく咲いていました。
クリックで拡大します。

この花は・・・?
クリックで拡大

北アルプスの夕焼け
クリックで拡大

9-19:07

 燕岳から燕山荘に帰ったのは13:00頃だったがかなり疲れていたので、部屋で昼寝をした。
その途中17:00頃同行予定だったYさんが後を追いかけてきて部屋に着いた。
明日は4名で行動する予定だ。
夕食後北アルプスの夕焼けを眺めてほぼ消灯と同じ21時頃深い眠りに着いた。

翌朝の出発

10-6:00

10-6:48

蛙岩

 翌朝は5:00頃起床 5:20から朝食を食べて6:00に大天井岳を目指して小屋を出発した。
外は昨日とは打って変わってガスで朦朧としている。

 しかし昼頃までには何とか回復してくれるもの・・・と信じて。

 蛙岩まで地図では1Hの行程だが6:48に着いたのでま〜ま〜の出足だ。
(写真の真ん中の岩)蛙に見えるかな〜?。

 

 蛙岩ー大下りの頭と歩いたが一向に天気が回復する兆しは見えず、むしろますますガスが濃くなり雨粒さえ混じるようになり上だけだが、合羽を着ての歩きとなった。
しかも寒い。

 切り通し岩と呼ばれる鎖場を通過する頃に大天荘の人と出会って会話を交わしたが、
 その人の話しでは明日も同じような天気だという。
 そして槍ヶ岳への分岐を過ぎたあたりで4名と相談した結果、男性2名がこのまま大天井岳を目指し女性2名はここから引き換えすことになった。
 もちろんこの場所で待っていてもらっても良いのだが、かなり寒いのでじっと待っているのもきついからゆっくり歩いたほうが体が温まる。

 という様なわけで男性2名は大天井の山頂を究めてからあとを追う事にした。

 何故この場所で・・・?と言えば燕山荘までの戻り時間約8Hと登山口までの戻り時間約3Hを考えるとこれ以上先へ行く事は無理でギリギリの決断だったと言える。
 それと明日も今日と同じ天気だとすれば濃霧の中を常念小屋まで無理して行っても展望も望めず良い事は何もない と思ったからだ。


 ここから大天荘までは約40分でかなりきつかったが雪渓を渡るとすぐにかすんで見えた。
 かなりガスが濃くなって数m先までぐらいしか見通せない状態で雨も混じっていた。
 間もなく大天井岳に着いたが全く何も見えず、、山頂標識が辛うじて朧に見分けられる程度であった。

 記念撮影だけ済ませるとすぐに燕山荘を目指して急いで戻っていった。

 女性2名に追いついたのは大下りの先の燕山荘への登りにかかる途中であった。
 
 ようやく燕山荘に帰着したのは13:30頃だった、ここのベンチでゆっくりと休憩したあと長くしかも急な山道を登山口へと下った。

 そしてへとへとになって登山口に着いたのは17:30頃になっていた。
 4時間ほどかかったようだ。

大下りの頭

10-7:27

大天井を目指して

この雪渓を渡ると

大天井岳

10-10:15

大天荘

10-10:06

10-10:03

10-7:35

中房温泉登山口

10-17:27

<ルート図&断面図へ>
<デジブックへ>

 今回のまとめ
 7月8日(月)
川越発19:00ー中房温泉P22:00
 7月9日(火)
中房温泉P5:15−合戦小屋8:36ー燕山荘9:50(登り4:35) 燕山荘10:30−燕岳11:10−燕山荘12:40 Yさん燕山荘にて17:00頃合流して燕岳往復(燕山荘泊)
 9日の総行動時間5:15〜9:50=4:35+(10:30〜12:40=2:10)=6時間45分
 7月10日
燕山荘6:00−蛙岩6:50−大下りの頭7:30−槍ヶ岳への分岐9:35−大天荘10:05−大天井岳10:15−槍ヶ岳への分岐10:50−大下りの頭12:30−燕山荘13:35−合戦小屋14:56−第2ベンチ16:17−中房温泉登山口17:30
 10日の総行動時間6:00〜17:30で11時間30分

 9日が6時間45分で10日が11時間30分 総計18時間15分の歩きでした。
身も心もへとへとになって登山口に戻りましたが、9日の快晴の中の槍ヶ岳〜北アルプスの山容はいまでも目に焼きついて素晴らしい思いでになる事でしょう。

HOME

岩の溝に咲いていたチングルマ
クリックで拡大

1310709~10 燕岳〜大天井岳

inserted by FC2 system