HOME

今日のまとめ
 本川越駅発7:32−西武線・JR線ー御嶽駅9:18着〜 バス〜滝本バス停 〜ケーブルカー10:21分発
ケーブル山頂駅10:30−御嶽神社10:45〜11:00−日の出山への分岐11:10ー日の出山11:48〜13:00−日向和田駅
15:25
 日向和田駅発15:35ーJR線・西武線ー本川越駅着17:02
総行動時間は4:55でした。

推定樹齢1000年、国指定天然記念物だという

 楽しい宴会後下山にかかったが、ここでもう一つおまけの失敗・・・。金毘羅尾根を下る予定を間違えて、梅の公園(日向和田駅)の方へ下ってしまった。おかげで結果的に30分ほど歩く時間は短縮できた。そのせいか誰からも苦情は出なかったが・・・。
 それから途中で日の出山方面凍結の為注意!!の表示板があったが特に積雪も凍結箇所も無く、用意した軽アイゼンの世話になることも無かった。
 アルコールのせいなのか荷が軽くなったせいか、良く解らないが足がふわふわして気持ちよい。それにこの下山路は良く踏まれていて、とても歩きやすいのでルンルン気分です。足早に軽くランニングしてみたくなるような気持ちになりました。梅の季節がきたらもう一度下ってみたいなぁ〜。・・・そんな気分になる下山路でした。

 具沢山のお雑煮のはずが、極めておつゆの少ないそして具もゴク少量の粗末なお雑煮に変わってしまったが、それでも持ち寄った日本酒やビール、サワーで乾杯・・・。
 楽しいひと時を過ごすことが出来た。

12:55

日の出山からの眺めクリックしてね

 日の出山は360度の展望で、折からの好天と相まって、それはそれはすばらしい眺望でした。肉眼でしか見えない面も有ります(肉眼では都心のビル郡が良く見えた)が、その一部の展望をパノラマでどうぞ!!。下の写真をクリックしてください。

日の出山山頂

11:48

11:03

御嶽神社

畠山重忠公の像

 コンクリートの道をとりあえずは、御嶽神社まで・・・。途中神代ケヤキがあって、日の出山への道がありましたが、神社までは休憩無しで行きました。いきなりの急登なので、お雑煮用の材料や道具、水や酒でザックは約10kg程あって、正月のなまった体には、かなりこたえました。

 神社にお参りして休憩後、さっきの道を下りましたが、日の出山への道を通り過ぎてしまって、少し行きかけたのですが、途中Aさんが気ずいてくれたので、助かった。

 神代ケヤキのところを右にまがると日の出山方面です。小さな案内板がありました。 30分ほど緩やかな道を歩くと日の出山に出ました。最後の展望台への道が少し急で少し息が切れましたが、なんとか無事に到着・・・。さっそく雑煮の支度にかかったのは良いが、ここで失敗をやらかした。落ち葉でふわふわのコンロの地面を均そうとコンロを動かした時、手が滑って水がマンタンに入った鍋をひっくり返してしまった。まさに覆水盆に返らず・・・である。一瞬三人とも沈黙に包まれたが、500cc予備の水を使って、なんとかお雑煮にありつくことが出来た。危なくお雑煮が焼餅に変わるところであった。ホ〜っと一息・・・。

日の出山

10:34

11:03

 本川越駅7:30集合で、電車に乗り継ぎ、青梅線の御岳駅に着いたのは9:18でした。 

駅前からバスに乗りますが、トイレが混んでいて、その間にバスが1本行ってしまいましたが、臨時が運行しているということで、それほど待たずに済みました。
 終点の滝本バス停でケーブルカーに乗り換え山頂駅まで、楽チン、楽チン。
 ケーブル乗車時間は6分ほどで山頂駅に到着、あっという間でした。

 ケーブルを降りて歩き出すと、左手にこれから歩く日の出山が極めてハッキリと見えていました。

 

ルート断面図へ

ルート図拡大

神代ケヤキ

 今年初めての山歩きは、奥多摩の御岳山から日の出山へ登って、お雑煮を食べてから好きな酒を持ち寄って、乾杯する会にした。
御岳駅からバスで滝本まで行って、そこからケーブルに乗って行くので、大変楽々な行程です。
 

090103 日の出山へお雑煮ハイク
inserted by FC2 system